日本ハウスHDで平屋を建てる価格予算は!?評判&間取り&実例すべてを紹介!

ハウスメーカー
出典:日本ハウスHD

 

日本ハウスHDの設立は昭和44年、創業50周年を迎えます。社名が平成27年に、東日本ハウスから日本ハウスHDへと変わっています。

 

 

これまで日本の伝統的な家づくりにこだわった、木造建築の住まいを提供し続けてきました。日本ハウスHDの代表的な住宅として、ヒノキを使った「やまとシリーズ」や「Jステージシリーズ」があります。

 

 

優れたデザインに与えられる「グッドデザイン賞」のほか、木のぬくもりを大切にする「ウッドデザイン賞」や「キッズデザイン賞」を受賞しています。

 

日本ハウスHDの特徴って?どんな平屋を建てることが出来る?

 

 

良質な住宅を建てるために、日本ハウスHDは家を建てる素材や施行方法などにこだわりを持っています。

 

 

平屋をおすすめする理由は耐震性が高く、1階に設備を集中できるため省エネルギーという面でも優れていることです。日本ハウスHDは環境にやさしく、丈夫で長持ちする住まいを提供しています。

【ヒノキの魅力】

日本ハウスHDは住宅に使用する木材にこだわりを持っており、ヒノキの中でもより選りの骨太のヒノキを採用しています。

 

ヒノキに含まれるフィトンチッド成分は、抗菌性・防虫効果に優れています。ヒノキの家は白アリやカビなどの被害に強く、通常の木材より長持ちすると言われています。

 

さらに、ヒノキは吸放湿性が優れており、室内の空気の状態をほど良く整えてくれます。ヒノキの良い香りは気分を落ち着かせ、日頃のストレスを軽減させてくれるでしょう。

【責任のある直営工事】

下請けに工事を任せるハウスメーカーが多い中で、日本ハウスHDはすべて一社の中ですませる直営工事を行っています。

 

日本ハウスHDで雇われている職人達が、チームを組んでひとつの家を建てています。職人が責任を持って工事を行うことで、家づくりに対する意気込みが違ってくると言います。

【省エネルギーの家づくり】

日本ハウスHDは断熱性の高いサッシを用いて、家の中の温度を最適なものに保ちます。

 

さらに、高効率のエアコンや給湯器を採用することで光熱費などのコストダウンにもなるでしょう。蛍光灯より長寿命のLED照明を使用し、消費電力を3分の1におさえます。

【感謝訪問によるアフターフォロー】

住宅を引き渡した後に定期点検・診断プログラムを組み、長期間に渡る定期点検を実施します。

 

日本ハウスHDは5年目までは年に2回、6年目以降は年に1回の感謝訪問を行っています。感謝訪問により定期的にお住まいを訪問して、その家のメンテナンスに関することやご相談を受けています。

【24時間運営のコールセンター】

日本ハウスHDでは、24時間体制のコールセンターを開設しています。

 

お住まいのトラブルに関することなら何でも、いつでもお電話やメールにて相談できます。

 

日本ハウスHDで平屋を建てるおよその価格、坪単価はいくら?

 

日本ハウスHDで平屋を建てる場合の坪単価ですが、約60万円台とされています。

 

坪単価と家の大きさによって平屋の建築価格が決まってきます。

 

 

同社は建材にヒノキを利用しており、高品質で丈夫な家づくりをしていますが、建築価格は企業努力でおさえています。良質な家を手に入りやすい価格で提供することをモットーにしています。

 

 

↓計23社の坪単価を一気に比較!日本ハウスHDはどう?↓

【失敗しない!】平屋住宅が得意なおすすめハウスメーカー23選@価格&坪単価も徹底比較
2階建て、3階建ての住宅が主流の中、再度注目を集めているのが「平屋住宅」です。 平屋というと、古い、お年寄りが住む、などのイメージが先行しがちですが、最近はセカンドライフの住み替えの家としてはもちろん、子育て世帯の若い世代にも人気が出...

 

【平屋】日本ハウスHDのおすすめ間取りをご紹介!

平屋の家は、実にシンプルなつくりとなっています。2階建ての家は階段を作る必要があるのと、どうしても上からの重さが1階にかかってしまいます。

 

シンプルな平屋構造にすることで、家のメンテナンスがラクになると言われます。平屋は増改築する際も、2階建ての家より容易にできそうです。一般的に、部屋数が多くなるほど土地に広さが必要となるため坪数が増えることになります。

 

【ウッドデッキ付きの1LDK平屋(約30坪)】

1LDKの平屋は玄関から入って左手にリビングとキッチン、右手に寝室のある間取りです。
リビングの正面にウッドデッキを作ることで、1LDKでもリビングやダイニングが広く感じられるでしょう。浴室やトイレなどの水周りは、家の一番奥にまとめて設置することで利用しやすくなります。

【和室のある平屋】

平屋と言えば和風のイメージがありますけど、2LDKで和室と洋室の両方をそなえることが可能です。モダンなイメージを持つ平屋も多く作られており、日本ハウスHDは家の中に洋室があったとしても違和感を感じないように工夫しています。和室と寝室を離して作れば、和室を客間にすることもできそうです。あらかじめ和室をどのような使い方にするのか想定しておきましょう。

【子ども部屋のある3LDK平屋】

玄関から入って正面にリビングとダイニング、3LDKの平屋としてその奥に寝室と子ども部屋を備えつけることも可能です。キッチンからリビングを眺められるようにすると、お子さんが遊んでいる様子などを見ることができます。さらに、洗面所や浴室などの水周りをキッチンと隣接させることで使い勝手が良くなるでしょう。

【平屋】日本ハウスHDの素敵な実例紹介!

家づくりをする際に、家のどこにこだわりを持つかはそれぞれのご家庭ごとに異なっています。
日本ハウスHDでは、それぞれのご家庭のライフスタイルに合った住宅を建てています。

【和室にこだわりのある平屋】

平屋というとイメージが強いのは、和室のようです。家の中に畳のある部屋を作ることで、そのときの気候に合わせて部屋の温度を調節することができます。特に真冬などは、フローリングの床より畳のほうが温かく感じられます。畳のある部屋では、カーペットやじゅうたんなどを敷く必要がありません。高齢の家族のいるご家庭では、畳の部屋が見直されてきているようです。

【キッチンにこだわりのある平屋】

家事をする機会が多く、家の中にいる時間の長い主婦にとってキッチンは特別な場所となります。生活動線をよく考えて使い勝手の良いキッチンにすることで、家事にかける手間が大きく違ってくるでしょう。キッチンをリビングやダイニングと一緒にすることで、空間を広く使うことができます。

【寝室にこだわりのある平屋】

一日の中で睡眠時間を長く取る人にとって、寝室は特別な場所となるのではないでしょうか?一般的に寝室は、ご夫婦用のダブルベッドを入れただけで狭くなってしまいます。ベッド以外にほかのものを置いた場合を想定した間取りを考えることが大切です。また、ほかの場所からの音が入らないように防音を良くすることや、寝室の位置に配慮したほうがよいでしょう。

まとめ

 

日本ハウスHDは創業以来、日本の気候に合うとされる木造建築にこだわってきています。

 

ヒノキの香りを活かした平屋の住まいは、日本ハウスHDが目指すところの「家族がひとつの場所に集まりたくなるような空間」です。

 

また、平屋は2階建ての家より地震に強く、メンテナンスがしやすいというメリットもあります。
孫の代まで住める家を作るために、日本ハウスHDは地震に強い工法を採用し、住まいの耐久性を追及しています。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ハウスメーカー

↓応援ポチお願いします!

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 平屋住宅へ

フォローする
平屋チャンネル
タイトルとURLをコピーしました