平屋に4人家族で住む間取り|広さや坪数も確認!快適な生活をする方法!

間取り

 

今回4人家族におすすめの平屋住宅について考えてみましょう。平屋住宅に向きあうときどのような点に注意すればいいのでしょうか。

 

4LDKは実現不可能でしょうか……。3LDKあたりは期待したいものですが、どんな感じでしょうか。

 

などなど、様々な悩みが出ていきますよね!?そこで今回は、4人家族で平屋に住む

 

間取り
坪数
おすすめ

 

を、ご紹介していきたいと思います!

 

 

平屋に4人家族で住む場合、広さや坪数はどれくらいがいいの?

 

4人家族といえば、子供さん2人というイメージもありますが、実際に少子化、高齢化社会を向かえ、子供さん1人に、おじいちゃんかおばあちゃんがいるケース、そして、おじいちゃんおばあちゃんと4人家族という場合もあるでしょう。

 

 

4人家族というもののいろいろな状況がありますが、平屋住宅の広さはどの程度が理想的と言えるでしょうか。平屋住宅25坪という場合はどうでしょうか。25坪で、4人家族というのはちょっと無理はあるでしょうか。

 

 

家族が4人で25坪だからと、部屋を闇雲に作らなければならないというのはある意味正解ではありません。子供さんは、成人すれば巣立ってしまうものです。子供さんの部屋を2つ作って、夫婦の寝室も作って、プラスα和室も欲しいという気持ちも理解出来ないではありませんが、いずれ余してしまうだけでしょう。

 

 

もっと家族間でプライバシーがもてる関係が理想ではないかという人たちもいます。個室をたくさん作るよりは、最低レベルのプライバシーが守れるだけで充分という意見もあります。

 

 

そのような意見も、家作りをする人たちは、参考にしてみるべきではないでしょうか。

平屋に屋根裏部屋を作って子どもさんの部屋を作ってあげるというのも面白い発想かもしれません。平屋住宅は、階段がないから、意外と使えるスペース空間があります。

 

 

部屋数を少なくすれば、冷暖房などのコストを安くすることができます。

30坪あたりの平屋住宅ですとどんな感じになるのでしょうか。平屋で30坪といえば、たたみ60畳分の広さあたりをイメージしてください。大人がごろりと寝転がって60人大丈夫なスペース空間なので、相当広いともいうことができます。

 

狭いか狭くないかといえば、4人家族で30坪はちょっと贅沢という感じはあります。

 

満たされた30坪の平屋住宅で、出来るだけリビングを広く取りたいという理想を持っている人たちもいるのではないでしょうか。玄関から一直線の18畳から20畳のリビングを作り、キッチン、ダイニングルームも一緒に広くとってみましょう。

 

 

ファミリーや家族が多い人たちは、リビングにゆとりを持たせることで、開放感が生まれますし、コミュニケーションも活発になるでしょう。広々としたリビングには太陽の光がしっかり差し込むような設計をしてみてはいかがでしょうか。

 

 

おじいちゃんやおばあちゃんがいる場合は、畳の和室を設けてあげるといいでしょう。デッキスペースでそれぞれ部屋に独立性を持たせるというのも方法です。庭を設けることで、水まわりにも採光と風の通り道を確保することが出来ます。

 

 

今後万が一のため車いすの出入りを考慮し引戸タイプの玄関ドアにするというのもいいでしょう。

平屋に4人家族で住む|おすすめの間取りは?

拘りの平屋住宅を実現

なんとしても平屋住宅に拘りを持っていたということで、こんな理想の家作りを実現することができました。高齢化の時代、将来を考えると二階に上がらないで過ごせる家って結構安心することができます。

一か所にまとめた家事動線優位の間取り

出典:actus-labo

キッチン・浴室・洗面室の水まわりを一か所にまとめた家事動線優位の間取りにしました。仕事や家事、子育てに忙しいお母さんが求めている理想の間取りです。 リビングを家の中心に配置した間取りで、自然と家族の会話が生まれるようです。

広びろとしたファミリースペース

和室まで開放すれば、広びろとしたファミリースペースが出現します。玄関をはさんでプライベートゾーンとの程よい距離感をプランニングしました。
↓間取りで絶対後悔したくないなら↓

【完全無料】600社が間取りプランを提供してくれる!

快適に住むのには3LDKがおすすめ!

 

3LDKはリビングプラス、ダイニング、キッチンに、3つの居室を持つ住宅のことです。基本、3人~4人向きの家と言っていいでしょう。

 

 

実際に4人家族に効率的なのは、3LDKと言われています。

 

ただ、家族は増える可能性もあるので、このあたりが難しい点ですが。横長のLDタイプは、リビングダイニングにバルコニーの窓が多く面し、リビングダイニングを開放的に使いたい方におすすめです。
縦長LDタイプでは、全ての洋室に窓が付いて部屋数を確保したい方向けです。

 

 

まず家族構成を考えて使い方を工夫することで、部屋数の問題を解決することができます。3LDKでは部屋の問題を解決出来ないという人たちもいますが、子供さん部屋を、必要な期間とそうでない期間で考えてみましょう。

 

 

翌年にはお姉ちゃんが使っていた子供部屋が空くというケースもあります。子供部屋を1人1部屋ではなく、2人1部屋として考えるというのも方法です。

 

まとめ

いかがでしょうか。平屋住宅を建てる時に、私達がしなければならないのは、しっかり家族計画を行うことです。

 

第一に家族がしっかりコミュニケーションを作れる家作りを目指してください。

 

また、家づくりで「悩んでいる!」という方は、1度タウンライフ家づくりを利用してみてはいかがでしょうか?

 

間取りの失敗談もしっかり確認。後悔しない家づくりを

【間取りの失敗談から学ぶ】賢く平屋を建てる方法@提案力あるメーカー選びが必須!
家を建てることは、一斉一大の行事ですよね。だからこそ「絶対に失敗したくない!」「不安や疑問が出てくる」と思うのはあたり前だと思います。 しかし、特に平屋の家づくりはそう上手くいかず"失敗"して後悔をしている人が多いのが...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
間取り

↓応援ポチお願いします!

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 平屋住宅へ

フォローする
平屋チャンネル
タイトルとURLをコピーしました