平屋|ガレージにオシャレを詰め込もう!価格予算や間取りを徹底調査!

費用
出典:pinterest

 

都会では車を所有している方は少ないかもしれませんが、地方では必須という方も多いのではないでしょうか?共働きの方は2台所有しないと仕事にいけない!なんてことも。

また、通勤時は使わないけど車が趣味の方も多いと思います。

 

休日は家族でドライブしたり、家でゆっくり愛車のメンテナンスもいいですね。

そういう方は家を建てる際、まず駐車場の確保を考えますよね。せっかく家を建てたのに、別で借りると駐車場代もバカになりません。

 

今回はガレージ付きの平屋について、

・価格
・間取り
・ガレージを付けるオススメ場所
などを紹介していきます♪
【新築】平屋を安く建てる方法5!超ローコストで素敵な家を建てよう!
平屋を安く建てる方法、コツを紹介します。 家を建てるといえば2階建てが主流ですが、子育てのしやすさや老後のことを考え、今若い世帯でも平屋を建てたいという方が増えてきています。 しかし悩みどころは価格。 ...

平屋の家のガレージにオシャレを詰め込みたい!

平屋はガレージの付け方でが外観が大きく変わります。付け方次第では玄関の出入りや他の生活動線にも影響が出てくるため注意が必要です。

 

実は駐車スペースと一口で言っても種類があるってご存知でしたか?

大きく分けて「駐車場」「カーポート」「ガレージ」の3つの種類があります。

駐車場

敷地内に車を駐車するスペースがある場所のこと。

コストは一番低いですが、屋根などはないため雨風のダメージは受けやすく、防犯面も低くはなります。また、悪天候時には家から車に移動する際に濡れてしまったりと不便な面もあります。

カーポート

屋根と柱で囲まれた駐車場のことを指します

屋根が設置されている分、雨風や日光・雪などなら車を守ることが出来ます。しかし車全体を覆っているわけではないため、台風などのダメージがあるのと、防犯面も高くはありません。

ガレージ

屋根や柱、壁、天井、シャッターなどで車を囲うことが出来る小屋のことを指します。

外からみても1つの建物のようになるため、防犯性が高いのが特徴です。もちろん雨風などの天候からも車を守れるだけでなく、住宅とは別の空間として利用出来ることが特徴です。

例えばアウトドア用品を置いたり工場のように車をメンテナンス出来る部屋として利用出来ます。

 

その中でもオススメなのが「ビルトインガレージ」です。

ビルトインガレージとは?

出典:pinterest

ビルトインガレージは建物の一部がガレージになっていることを指し、インナーガレージとも呼ばれています。

所ジョージさんの「世田谷ベース」と言えばイメージしやすいでしょうか。所さんはガレージを「世田谷ベース」と名づけ、ひとつの趣味部屋のようにして使用していますよね。
あれがまさにビルトインガレージです。

 

このビルトインガレージの最大の魅力は「車を楽しむ部屋としてガレージを利用できる」ということ。上記の世田谷ベースがまさにそうですが、建物の中にガレージがあることで工場のように愛車のメンテナンスが出来ることはもちろん、設置場所によってはリビングから庭を眺めるように、愛車を眺めながら食事が出来たりもするわけです。

 

また、秘密基地のように愛車だけでなく自分の趣味のコレクションを並べておける場所としても活用出来るため、車好きにはたまらないスペースなのです。

平屋のガレージ、およその価格予算はいくら?

車好きにはたまらないビルトインガレージですが、一番のデメリットはやはり価格が高いという点に尽きます。ガレージが家と一体化している構造上、家によって作りかたは様々なので金額を具体的に出すことが出来ませんが、一般的な目安としては一坪当たり50万~90万程度のようです。

 

基本的な設備として照明やシャッターは付けるべきですが、その他にも換気扇も必要です。

 

ビルトインガレージは家と一体化している為、他の部屋と隣り合わせになっています。そこに車の排気ガスやメンテナンスのオイルの臭いが充満してしまうと他のスペースにも空気が流れ込んでしまうため、換気対策はしっかりする必要があります。

また、ガレージ内でエンジンをかけるわけですから振動や防音対策も必須です。

 

上記のような基本設備以外でも、憧れのガレージに自分のこだわりを入れれば入れるほど価格は当然高くなってきます。

 

例えば趣味部屋として利用するならコレクションを並べる棚を設置したい、工具やメンテナンスするスペースも広く取りたい、車を眺めてソファーでゆっくり出来るスペースも欲しいなど、こだわるほど高くなるのは目に見えているため、これだけは譲れないという優先順位をしっかりつけておくことが価格を抑えるには重要になってきます。

 

【新築】平屋を安く建てる方法5!超ローコストで素敵な家を建てよう!
平屋を安く建てる方法、コツを紹介します。 家を建てるといえば2階建てが主流ですが、子育てのしやすさや老後のことを考え、今若い世帯でも平屋を建てたいという方が増えてきています。 しかし悩みどころは価格。 ...

平屋にガレージを付ける!オシャレな外観紹介

ビルトインガレージがあるこだわりがつまった平屋

こちらはカーポートもビルトインガレージもある4LDKの平屋

 

スクエアフォルムでコンパクトにまとめられたシックな印象のお宅です。ガレージをつくって良いから家を建てようと奥様に言われて家作りを決意したほど車好きなご主人。

 

寝室の隣につくった書斎のようなホームオフィスからガレージに出られるようになっており、まさに車を眺めながら仕事が出来る男のロマンスペースになっています。

また、玄関横にシューズクロークがあり、そこを抜けるとガレージに出るようになっており動線も上手く工夫されていますね。

男のロマン!趣味部屋から見えるビルトインガレージのある平屋

こちらはどこかアメリカンな雰囲気漂うビルトインガレージが魅力の4LDKの平屋

 

ご主人こだわりのビルトインガレージは、換気や採光のために大きな窓も設置しでいます。鉄パイプの収納スペースはDIYでしょうか。アメリカンな雰囲気がとてもカッコイイですね。

こちらも隣はご主人のお部屋になっており、サックスやパソコンを置いて趣味部屋として利用されているようです。大きな窓をあければ趣味部屋から大好きな愛車をいつでも眺められます

 

ガレージだけでなく、キッチンをタイル敷きにしてお掃除しやすくしていたり、その横には奥様のお化粧スペースが設けられていたり。スキップフロアや和室・子供部屋にまで家族のこだわりが見られる素敵なお宅ですね。

愛車を家の中心に。リビングから愛車を眺める平屋

出典:桧家

こちらはなんと家のど真ん中にビルトインガレージをつくった3LDKのお宅。

 

レースが趣味というご主人の愛車のカラフルな色合いと、濃いブラウンの屋根と外壁とのコントラストがより愛車を際立たせている印象です。内装は白を基調としたシンプルなつくりになっており、未来の子供部屋は目下ご主人の趣味部屋として使われているようです。

 

ガレージ内も工具や趣味のものが充実しており、お子様も一緒に家族で楽しめる空間になっているようです。玄関からもリビングからもガレージが見え、まさに愛車を眺めながらの家族団らんが楽しめますね。

ガレージ付き平屋のおすすめの間取りは?

洗練のデザインに、こだわりいっぱいのちょうどいいい平屋

こちらはご夫婦2人で暮らすのにはちょうどいいサイズの平屋

 

スタイリッシュな外観と漆喰の壁にビルトインガレージが良く映えます。玄関と同列ではなく家のサイドにガレージの入り口を設けていることでLDKの広さをきちんと確保していますね。

 

自宅でお仕事をされることも多いというご夫婦、ガレージ横には書斎も設けてあります。書斎や廊下を挟むことによりガレージでのエンジン音をリビングまで響かせない工夫が見られる間取りですね。

中庭から住まいの全てが見渡せる、ビルトインガレージの贅沢な平屋

こちらはダイワハウスさんのモデルハウス

 

中庭を中心としてロの字型に空間配置された平屋です。中庭からはダイニング、リビング、個室、ガレージと住まいの全てが見渡せるようになっており、自分だけの庭をどこからでも楽しめます。

 

玄関を抜け、段差で空間を仕切ったリビングからはガレージが見え、愛車を眺めながら食事が楽しめる贅沢なお宅ですね。

筆者オススメはコレ!中庭にガレージを付ける!

中庭とガレージが一体化するコの字型の平屋

こちらはコの字型に住まい空間を設計し、中庭とガレージを一体化させた4LDKの平屋

 

リビングから中庭を通してガレージまで見渡すことができ、ガレージのシャッターを閉めれば中庭とガレージが一体化したプライベートが確保された空間になりますお子様のプール遊びも周りの視線を気にすることなく楽しめそうですね。

 

道路側に面しているのはガレージと玄関+1部屋なので、外から見ると閉鎖的な印象を受けますが中に入ると奥まで広がる解放感があります。中庭があることで採光や風通しも十分に出来そうですね。

まとめ

いかがだったでしょうか。

通勤で必要だからという方も、車が大好きという方もビルトインガレージはオススメです。

雨風から愛車を守れ、家との移動も濡れないだけでなく車を家具のように家と一体化することが出来るガレージは車の展示場とも言える魅力的な空間です。

家づくりの際には是非ビルトインガレージをご検討ください。

 

【新築】平屋を安く建てる方法5!超ローコストで素敵な家を建てよう!
平屋を安く建てる方法、コツを紹介します。 家を建てるといえば2階建てが主流ですが、子育てのしやすさや老後のことを考え、今若い世帯でも平屋を建てたいという方が増えてきています。 しかし悩みどころは価格。 ...

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
費用 間取り

↓応援ポチお願いします!

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 平屋住宅へ

フォローする
平屋チャンネル
タイトルとURLをコピーしました