【これに決定!】正方形の平屋の家がいいって本当!?可愛い外観や素敵な間取りを紹介!

建築方法

 

注目が集まっている平屋住宅には更にいろいろなデザインがあります。見た目がスッキリした感じの正方形の平屋がいいという方々も多くいらっしゃるようです。

 

今回、そんな正方形の平屋をビックアップしてみました。

 

そこで、正方形の平屋をさらに深堀!

 

・おすすめポイント
・狭くないのか
・おすすめ間取り
・可愛い外観
・長方形と正方形どちらがいいのか
などについて詳しく紹介していきます!ご参考になれば幸いです!
難しい平屋の間取り決めにアドバイス!

▶▶間取りで絶対後悔しない方法!

正方形の平屋がいいって本当!?どんなところがおすすめ?

平屋は実際にどんなカタチにすればいいかということですが、間取りとして「正方形」というのが正しい意見です。

 

いろいろ平屋の家のデザインについて考えるとき、メリットを追求すれば、デメリットも必ずあるものだという気持ちは起こるでしょう。

 

正方形というカタチはメリットばかりという意見もあります。ただ、みなさんが、だからと言ってそれを目指してしまえば、どれも似たようなデザインになってしまうでしょう。

 

正方形の平屋は、見た目がとてもスタイリッシュで、モダンな装いをしています。だから多くの人たちはひょっとしたらデザイン費用が高くかかってるんじゃないのと思っているのですが、実際にはそうではありません。

 

みなさんが想像している以上、正方形の平屋はローコスト住宅ということができます。それは、正方形の平屋が、無駄を徹底的に排除し、シンプルさを実現出来ているせいです。

 

さらに正方形の平屋って、耐震性もかなり期待出来たりします。これって災害の多い現代社会の日本においてかなり大事なことではないでしょうか。四角い箱をイメージすれば、それもすぐに理解することができるのではないでしょうか。四角いから、上に荷物を置いてもなかなか潰れないのです。

正方形の平屋って狭くならないの?

 

実は凹凸が無い分デッドスペースが少なくすることができ、土地面積の空間を最大限に有効活用することができるのも正方形の平屋のほうです。

 

いろいろなデザインの平屋をプランニングしたとき、屋根裏のスペースなど、活用されない空間ができてしまうことがありますが、正方形の平屋なら、建物のスペース空間を、全部居住空間にすることができます。

 

家具の大きさなどもスペースに収める事をほとんど考える必要はありませんので、自由性も非常に高いです。

 

例えば正方形は、3cm×3cm、長方形は、2cm×4cmだったとします。

どちらも周りの長さは12cmです。
正方形は3×3=9
長方形は、2×4=8

 

となり、正方形の方が面積が大きくなります。

平屋の間取りは正方形がピッタリ!おすすめ間取りを紹介

正方形の平屋を実現すれば間取りはどんな感じになるのでしょうか。

25坪で3LDKの平屋

25坪で3LDKの平屋住宅の間取りなら、4人で住むことができますし、夫婦2人でゆとりのある生活を送ることも出来ます。真ん中に廊下があり、部屋をスムーズに行き来できます。正方形だから万能の機能性を持っています。

コンパクトで低予算の平屋

コンパクトで低予算の平屋が実現しました。マンションでは得られない解放感が平屋住宅にはあります。さらに全ての天井を高くし、満足感は倍増します。

25坪2LDKの平屋

25坪2LDKの平屋の間取りです。玄関ホールには下足箱と1.5畳のシューズクローク、玄関ホール奥にクロゼットが。さらに廊下に物入れが2畳あり、収納にゆとりを感じさせてくれる家を実現しました。東側は16.5畳の広さのリビングダイニングキッチンです。

 

失敗しない間取りの決め方を伝授!

▶▶間取りはしっかり順調に決めよう!

正方形の平屋可愛い外観も沢山!

 

正方形の平屋だから、デザイン性があまり考慮出来ないのではないかと考える人たちもいますが、ほとんどそれは間違いです。正方形の平屋でも、こんなオシャレなデザインを実現している人たちって結構多いですよ。

 

黒と白のいいバランス

やっぱり、ここでは可愛さの中にもシンプルであることは追求していただきたいですね。
この程度のオシャレさが丁度いい感じではないでしょうか。とてもセンスのいいお家です。

青空と出会う

白い四角い平屋を建てて、これほどまでに、青空ともマッチングしています。オシャレな四角い平屋を建てれば、いつも広々とした空とも向きあうことができます。

シンプル過ぎるほどシンプル

シンプル過ぎるほどシンプルって決して悪いことではありません。このシンプルプランに、和のテイストなど取り入れたら、年を取っても住むことができるかなり素敵な家作りが出来そうです。

結果。平屋の家は正方形と長方形どっちがおすすめ?

 

四角い家なら、建物の中の空間をすべて居住スペースとして活かすことができます。

 

家具の大きさなどもスペースに収める事ができ、コンパクトでオシャレ、それが、とにかく平屋を有効的に活かす方法です。

 

四角い平屋は、機密性が高い高断熱構造であり、 光熱費もかなり安く済ますことができます。

 

いかがでしょうか。四角い平屋は、コンパクトでオシャレで、使いやすい、実用的な間取りを実現することができます。ずっと住み続ける家だから、合理的なオシャレを追求していただきたいですね。

 

【間取りの失敗談から学ぶ】賢く平屋を建てる方法@提案力あるメーカー選びが必須!
家を建てることは、一斉一大の行事ですよね。だからこそ「絶対に失敗したくない!」「不安や疑問が出てくる」と思うのはあたり前だと思います。 しかし、特に平屋の家づくりはそう上手くいかず"失敗"して後悔をしている人が多いのが...

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
建築方法

↓応援ポチお願いします!

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 平屋住宅へ

フォローする
平屋チャンネル
タイトルとURLをコピーしました