【素敵】和室のある平屋が素敵でおしゃれ!日本の空間をとり入れてリラックスしよう!

家内

 

日本人だからこそ、和の趣もしっかり室内に取り入れたいと考えているのではないでしょうか。最近特に住居に和の空間を取り入れようという流れが加速化しているとも言われています。

 

そもそも、洋室があり、和室を作れば、それだけで見た目バラエティーで豊かなものにすることができます。和室には、木がふんだんにつかわれていたりし、私達に自然に近い親しみをもたらしてくれるでしょう。

 

和室の木材には、空気中の湿気を吸収したり、排出したりする機能があり、部屋の湿度の調湿も上手く行ってくれることでしょう。夏は湿気が多くて、冬は空気が乾燥しがちな日本の気候は和室がバッチリマッチしています。

 

そこで今回は

和室のおしゃれなポイント
和室にリフォームする方法
和室のおすすめな間取り
などについて、一気に紹介していきます!
皆さんのご参考になれば幸いです
https://hirayachannel.com/howtobuildaflatshop/

和室のある平屋が素敵!おしゃれなポイントは?

いま、畳がとてもオシャレと思っている方々が結構多いようですね。

畳には、フローリングにはない良さが一杯あります。最近では、畳縁をなくした琉球畳と言ったものや、カラー畳などデザイン性を高くした畳が増えていてインテリアにも一役買ってくれているものが多くあります。

 

畳と布団というマッチングが、外国人に評価されて、日本の若い人たちもかっこういいという判断をするケースが増えて来ました

 

和室の床材となる畳には、比較して弾力性を持たせることができ、防音の効果も期待することができます。子供さんがいらっしゃる家庭でも、和室がいい役割を演じてくれることでしょう。

和室にリフォームする方も多数!

いま、和室に魅力が高まりリフォームする人たちも増えて来ました。小上がりの和室も、評価されています。

小上がりの和室なら、リビングの中に取り入れることができ、空間の中に高低差が出るため奥行きを感じることができます。

 

段差を有効的に活用することができ、どのようなテイストの家にもなじむため、新しい家でもリフォームでも関心を向ける方が増えています。

小上がり和室は、段差の部分に収納を作ることができるメリットもあります。狭小住宅などのプランでは、このようなアイデアも生きてくることでしょう。

 

さらに、和室の横に縁側をつける人たちも最近とても多いです。

縁側の真上にある屋根の庇は、直射日光が室内に入ってくるのを防ぐ役割も持っています。昔の人たちの知恵が一杯つまった縁側によって、私達が日本人であることをより実感することができます。

 

そこは庭を眺めるのに最適な場所であり、しっかり外と中を繋げ、広々した空間を作るアイデアです。

和室のある平屋おすすめの間取りは?

実際に和室のある平屋住宅は、どのような実現しているのでしょうか。

いろいろなサンプルをチェックしてみましょう。

和室がリビングに隣接する平屋

28坪3LDKの平屋住宅の間取り図です。

 

和室は4.5畳で押入れと床の間があります。せっかく和室をつくるのであれば床の間も設け、季節の花々を生けたり、陶器などを飾り風情を感じてみるのもいいのではないでしょうか

リビングに接し配置されているので、引き戸を開放しリビングと一体化できます。

和室がリビングに開放する平屋

和室はリビングダイニングに対して引き戸で開放することができます

 

リビングと一体化した空間も有意義に活用することができます。東西に広く、長方形になっているのでその構造は安定した強さを確保することができます。

バランスの取れた平屋住宅

出典:プリ画像

お客様がいらしたときには、客間にもなる和室付きの3LDKです。

 

キッチンから洗面室への動線や、リビングから直接それぞれの部屋につながる効率的なプランも魅力です。和の趣が存在しているから、バランスが非常に散れていると日本人だからこそ感じるのではないでしょうか。

 

【間取りの失敗談から学ぶ】賢く平屋を建てる方法@提案力あるメーカー選びが必須!
家を建てることは、一斉一大の行事ですよね。だからこそ「絶対に失敗したくない!」「不安や疑問が出てくる」と思うのはあたり前だと思います。 しかし、特に平屋の家づくりはそう上手くいかず"失敗"して後悔をしている人が多いのが...

和室がある平屋は、インテリアや窓にもこだわろう!

理想の和室を作れば、次には、インテリアなどにも拘りを持とうという気持ちも当然生まれて来ることでしょう。 とにかく和室のインテリアの幅も広いのです。

和室といえば「畳」ですが今は、オーソドックスな畳以外に半畳畳も人気が高いです。「琉球畳」に代表される一畳の半分のサイズの畳もとてもオシャレ感を演出してくれています。

 

「市松模様」というのもありではないでしょうか。畳の目の向きを縦と横交互に敷くことで、光の当たり具合によって市松模様に見せることができます。

「い草」だけではなく、「和紙畳」という和紙素材の畳も人気があります。

 

窓の問題とはどのように向きあえばいいのでしょうか。

丸窓には独特な雰囲気があります。こんな窓のアイデアもいいのではないでしょうか。さらに、高窓で明かりを確保するというのもありです。

この方法によって、特別な採光を取り入れることができます。 リビングに面する開放的な作りの和室だから窓は高窓だけでも充分です。

 

【間取りの失敗談から学ぶ】賢く平屋を建てる方法@提案力あるメーカー選びが必須!
家を建てることは、一斉一大の行事ですよね。だからこそ「絶対に失敗したくない!」「不安や疑問が出てくる」と思うのはあたり前だと思います。 しかし、特に平屋の家づくりはそう上手くいかず"失敗"して後悔をしている人が多いのが...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
家内

↓応援ポチお願いします!

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 平屋住宅へ

フォローする
平屋チャンネル
タイトルとURLをコピーしました