平屋|木造住宅の魅力をたっぷり紹介!外観や坪単価はどう?

建築方法

 

昨今は様々な構造の住宅が登場していますが、日本の住宅市場を見渡すと、木造の在来工法の比率が多いです。

 

また、最近では木造住宅も3階建てがポピュラーになりましたが、バリアフリーなどを考えた場合は平屋の方に軍配が上がります。

 

そこで、ここでは木造の

・平屋を建てる構造
・魅力
・価格
・間取り
・外観

 

にスポットを当ててみたいと思います。

 

ローコストで平屋を建てよう!

▶▶安くで素敵な平屋を建てる方法!

新築で建てると素敵!平屋を木造で建てる住宅とは?

新築住宅は外観も設備も新しく、快適な生活が出来るので非常に魅力的です。

 

そして、これが平屋になると、階段が無くなるので家の中の移動が楽になります。特にお年寄りのいる家庭には平屋での生活が便利です。

 

さらにモダンな印象を与えてくれるので、家にいても自然に囲まれているような落ち着いた気持ちになます。選ぶ期の柄などによって、個性のあるオシャレさも発揮できるようになっており、かっこいいデザインの平屋を作ることもできるんです。

 

構造はどうなってるの?

木造住宅の代表的な工法は、柱と梁で構造を作る軸組工法となります。

 

これは昔からの構造であり実績を積んだ工法と言うことが出来ます。そして、最近は木造住宅でも、屋根材や外壁材、断熱材などが進化し、耐久性や省エネ性の高い快適な住空間を実現しています。

 

また、軸組工法はフレキシブルな工法であり、リフォームも比較的しやすいメリットがあります。特に最近では柱や梁などの主要構造部分を残して、壁や天井を剥がしてリフォームする場合もありますが、この場合も軸組工法が有利になります。

 

平屋の木造住宅どんな魅力がある?

災害に強い構造

 

建築物において災害時に重要になるのが「避難のしやすさ」です。

 

特に火災や地震の場合、階段を介さず外に逃げられるのは、防災上の観点から考えれば非常に有利です。また、平屋住宅は台風にも強いです。と言うのは、風は一般的に高くなれば高くなるほど風圧力が強くなりますが、平屋は建物自体が低いため、風の影響を受けにくくなります。

 

更には地震に対しても平屋は有利です。例えば、3階建ての住宅の「地震の際の揺れ方」ですが、1階よりも2階、3階と上の方に行くほど揺れが大きくなります。

 

これはちょうど建物が「振り子」の様に揺れるので基礎から距離のある上の階が揺れるのですが、平屋の場合は、生活空間が全部1階にまとまっているので、揺れは小さく済みます。

 

建築費用が安い

 

木造住宅の特徴に、建築費の安さがあります。

 

住宅には木造の他に、軽量鉄骨やALC(軽量気泡コンクリート)を使用した構造がありますが、それらは木造住宅よりも高額になります。基礎工事の手間もかからないため、本当に費用」を抑えて建てることができるということ。

 

しかし、選ぶ機材によって価格の差は出てくるようです!

目にも心にも優しい

 

木の家は雰囲気的にも温かく、やわらかい雰囲気を醸し出し住む人の生活をより豊かに変えてくれます

 

木造住宅は住宅としての性能面だけでなく、雰囲気的、心理的にも生活する人に良い作用をします。特に最近の平屋住宅は、自然にマッチしつつも現代的なデザインとなっていて、住む人に機能的な生活とゆったりとした安らぎを提供します。

 

毎日家にいるだけで心身リラックスできるのは木造だからできること。長い時間過ごすことになる家では、とても大切な事ではないでしょうか。

 

【木造VS鉄骨】2つを徹底比較しました!

【木造vs鉄骨】平屋を鉄骨で建てるメリットやデメリット|木造との比較も大公開!
鉄骨といえば積水ハウスやセキスイハイムが有名ですよね。 平屋は耐震的にも複数階の家より強度はあると言われていますが、それでもやはり鉄骨にすべきか木造にすべきか悩みどころですね。 今回は平屋を鉄骨で建てる際のメリットデメリットを初...

平屋の木造住宅にかかる坪単価の予算はいくらくらい?

 

マイホームを購入する時に気になるのが、やはり価格です。価格によっては住宅ローンの負担なども違って来て、購入後の生活にも大きく影響し得るからです。

 

木造平屋の住宅ですが、坪単価が30~50万円くらいが目安

 

ただ、これも規模や設置してある設備や仕様によっても変わって来ますので、あくまで参考と考えましょう。尚、実際のマイホームの購入には、建物の代金の他にも土地代や税金、そして不動産業者などに支払う諸経費も発生します。しっかりした資金計画が大切です。

 

木造住宅居よりも素敵?安い?

▶▶素敵なじゅうたくをローコストで建てるには?

平屋の木造住宅おすすめの間取りは?

ここで、平屋建築の間取りについて、例を挙げて考えてみましょう。

間取り1

この間取りの魅力的な点は「開放感」です。間取り図を見ても分かる通り、リビングは大きな2面の開口があり、庭を見渡せる様に出来ています。また、リビングと和室の戸を開けると、3方を見渡すことが出来て、ゆったりした開放的な空間でくつろぎの時間を持てます。自分の時間を楽しむには、格好の間取りと言うことが出来ます。

間取り2

この間取りの大きな魅力は、ダイニングキッチンを中心とした生活を楽しめる点です。ダイニングキッチンからは、リビングや庭にダイレクトに行くことが出来るので、庭に菜園を造ったり、ウッドデッキを設置すれば、ガーデンライフとインドアを両立した生活が味わえます。

平屋の木造住宅おしゃれな外観は?

外観1

この家の外観を見ると、大空と周囲の自然に見事にマッチしているのが分かります。特にこの家は室内と屋外の敷居が低く出来ているので、あたかも自然に溶け込んだ生活が出来る様にも見えます。特に庭を植栽で飾ることを考えるならば、この家は更に柔らかな空間となることでしょう。

外観2

この家の外観は非常にシンプルなのが特徴で、飽きの来ない造りになっています。家は確かに生活空間をより良くするための物ですが、あまりにデザイン性が高すぎると返って飽きが来る場合もあります。シンプルは「単純」そうでいて、特に住宅においては、実は「強み」です。

平屋の木造住宅音漏れの心配はない?

 

木造の平屋の住宅だと、外部への音漏れが心配になることと思います。

 

しかし、音漏れの問題は建物の問題もですが、壁やサッシの遮音性能にもよるところが多いです。住宅の壁には断熱材を入れていますが、仕様によっては遮音性も変わって来ます。また、窓サッシにおいても仕様によっては遮音性が変わります。

 

ですから、遮音に気をつけたい場合などは、壁の仕様を確認し、窓サッシも2重に設置するなどの工夫が必要になります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、木造住宅について詳しく紹介してきました。

 

沢山の魅力を知って頂けましたでしょうか?しかし、なかなか忙しくて家づくりが進まない方や、理想のライフスタイルを実現できそうにない方などいらっしゃいますよね?

 

理想の平屋を安くで建てる方法

【ロ―コスト】平屋を新築で建てたい人へ!価格を抑えて素敵に建てる方法とは?
いざ憧れの平屋を建てよう!と決意したはいいものの、価格相場がどのくらいなのか、どんな平屋にしたら良いのか迷いますよね。 自分のこだわりをたっぷり詰め込める平屋、それ相当の額が発生することもままなりません。 ...

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
建築方法

↓応援ポチお願いします!

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 平屋住宅へ

フォローする
平屋チャンネル
タイトルとURLをコピーしました