広い!|平屋を60坪で建てる!新築にかかる価格&間取り図を紹介

建築方法

 

家を平屋で建てるならば、やはり土地の広さには余裕が欲しいところです。そして、敷地が広くなれば、ウッドデッキやガーデニング等の楽しみも増えて来ます。

 

ここでは、敷地60坪に建てる平屋住宅について取り上げたいと思います。

 

\ローコストで平屋を建てたい方必見!/

▶▶建てる前にぜひ見て欲しい!

60坪で建てる平屋はいい!?広さはどんな感じなの?

 

60坪と聞いても、どれくらいの広さかがピンと来ない人もいるかと思います。

 

60坪は約200平方メートルの面積で、40メートル×50メートルの広さとなります

 

敷地としても非常に広く、平屋を建てるにしても、部屋を多く設けることが可能になります。リビングやダイニングを広く取り、その周りの部屋も大きく造ることが出来る家は、生活に快適と余裕を与えてくれます。

 

土地には建ぺい率があるので、法的に建築面積は決まってきます。しかし、仮に土地の建ぺい率が50%であっても、その土地には30坪の家を建てることが出来ますので、平屋であっても余裕のある家づくりが可能となります。

 

また、敷地が広いと、駐車場スペースも余裕を持って作ることが出来ます。

 

普通の乗用車の場合の駐車場は、長さが6メートル×幅員2.5メートルで広さが15平方メートルくらいあれば十分です。また、60坪あればガレージを設置することも可能となります。他にも、大きなウッドデッキを設けたり、ガーデニングスペースや菜園を設けたりと、様々な活用方法が考えられます。

 

気になる!平屋を60坪で建てるおよその費用・価格は?

 

住宅の価格は坪単価で概算を計算することが出来ますが、実際の建物を見積もると、間取りや仕様によって、結構な開きが発生します

 

しかし、一般には坪単価が30~50万円が目安となるので、建物の坪数を30坪とする場合は900~1,500万円くらいになります。

 

 

ただし、坪単価をあまり小さく見積もると、材料や設備にこだわることが難しくなるので、出来れば坪50万円のベースを考えておきたいものです。

 

 

尚、住宅は坪単価で概算の計算は出来ますが、正確な比例では無く、狭くなれば坪単価が上がる傾向にありますが、ある程度以上の部屋を造る場合は、梁等の構造材を丈夫な物を使う必要が出るので、価格が上がる場合もあります。

 

 

因みに、建物の価格はその価格で済みますが、60坪の敷地になると、庭造りの方の費用が発生します。駐車場スペースにしても、土間コンクリート工事等の費用も発生しますので、予算組みには注意が必要です。

 

 

絶対見ておくべき!60坪でもローコストですます方法!

▶▶安くで素敵な平屋を建てる?

平屋|60坪の間取りを一挙ご紹介!

間取り1

 

玄関から入るとリビングに続き、そこから各部屋に続く間取りとなっています。家が大きくなると、ダイニング、リビング共に大きく部屋を造ることが出来ます。特に目立つのがダイニングとキッチンで、この住宅の余裕を表す広さを持っています。

間取り2

 

リビングダイニングが17.5畳が目を引く間取りです。他の部屋もそれぞれが十分な広さに造ってあり、家族みんなが余裕のあるスペースを持てる家と言えます。また、この家は収納スペースが便利に出来ていて、生活しやすい家となっています。

間取り3

 

敷地が60坪にもなると、平屋でも駐車場スペースが余裕で取れます。リビングから出て玄関に向かい、そのまま車に乗って出かけられる点で優れています。また、家の周りの外構部分も余裕があり、植栽等も楽しむことが出来る家です。
↓計600社があなたの間取りをえる!↓

疑問|60坪で平屋を建てるなら、2階建てを立てるほうがいい?

 

60坪の敷地となると、建物以外にも面積的に余裕が出来るため、庭や駐車場スペースの設置も考えられます。そして、庭を大きく設けるのであれば、平屋では無く、2階建てを考える選択肢もあるかも知れません。

 

確かに広い庭であれば、菜園等も広く作れますし、ガーデニングを楽しむ余裕も出来るでしょう。また駐車場にするならば、複数台の自動車を停めるスペースも設けることが可能です。

 

 

しかし、住宅を年を取るまで住み続けるのであれば、平屋の方に軍配が上がります。と言うのも、2階建てと平屋の違いで大きな点は「階段が無い」点だからです。階段の無い住宅は、バリアフリー性から考えれば、圧倒的に優位に立ちます。

 

 

他にも、地震や火災の場合の避難のことを考えても、階段の無い平屋が優勢です

 

 

2階からは階段しか避難経路がありませんが、平屋は窓からの脱出も可能になるからです。確かに庭を大きく作り、駐車場を拡充させるのも良いかも知れませんが、長く住み続け、老後のことまで考えるならば、平屋を建てる方が堅実と言えるでしょう。

 

まとめ

 

平屋の住宅は生活の動線を水平にすることがメリットですが、床面積を広くしたい場合に不利になることもあります。しかし、敷地を広く取ることが出来れば、その問題もクリアすることが出来ますので、広くゆったりして、それでいてバリアフリー性も確保できる、非常に良い家になります。

 

また、60坪の敷地を生かせば、駐車やガーデニング等を楽しむにも、余裕を持って臨めます。

 

住宅は土地選びが肝要となりますが、経済的に余裕があるならば、是非60坪の敷地を考えたいものです。様々な点で、余裕を持った家造りが出来ることでしょう。

 

素敵な平屋を安く出建てる方法!

【ロ―コスト】平屋を新築で建てたい人へ!価格を抑えて素敵に建てる方法とは?
いざ憧れの平屋を建てよう!と決意したはいいものの、価格相場がどのくらいなのか、どんな平屋にしたら良いのか迷いますよね。 自分のこだわりをたっぷり詰め込める平屋、それ相当の額が発生することもままなりません。 ...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
建築方法

↓応援ポチお願いします!

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 平屋住宅へ

フォローする
平屋チャンネル
タイトルとURLをコピーしました