平屋の外壁塗装に足場は必要?足場費用を節約してメンテナンスするのってアリ?

DIY

 

平屋を建てるにあたり、メリットとしてもよく挙げられるのが2階に比べ足場を組む作業が少ないということ。足場を組むことはメンテナンス費用にも大きく影響してきます。

 

では屋根や外壁塗装などの足場は最初から予算に加えなくてOK!?

 

今回は平屋の外壁や屋根のメンテナンスに関して行くとともに、

・足場は必要?
・足場の種類
・足場にかかる費用
・足場を使わない危険性

などについて、詳しく紹介していきたいと思います。

 

安くで理想の家を建てよう!

▶▶ローコストで家を建てたい!

平屋の外壁塗装に足場って必要?

 

足場とは、外壁の塗装などメンテナンスの際に業者が組む作業場のことを指します。2m以上の高所作業には必ず足場を用いて作業しなければいけないと建築基準法でも決まっています

 

リフォーム業者などのホームページで「足場代無料」と謳っているのを見たことはありませんか?

 

このような業者も、どのタイプの家でも足場代無料かというと実はそうではありません。その場合、塗装代に上乗せしていることが多く実際は足場代も含まれているのです。

 

足場は安全に効率よく作業するためには無くてはならないものと言えます。

 

とはいえ、家のタイプと業者さんによっては足場を組まずに作業を行ってくれるところもあります。敷地が足場を組めないほど狭かったりする場合ははしごなどで作業する場合もあります。

屋根塗装には足場が必要!

 

上記でもご説明した通り、2m以上の作業には足場は建築基準法で決められているため屋根塗装にも足場が必須です。

 

屋根の塗装や修理には、屋根の急勾配な部分に足場を設置することになります。その場合、急勾配なほど落下の危険なども伴うため足場代が高くなることもあるようです。

 

足場に種類はあるの?

枠組み足場

大きな工事現場でも採用されており、一番安定しているので安全面でも信頼がおける基本的な足場です。とても頑丈で安全である分、費用がかかります

 

単管足場

その名の通り、単管パイプだけで井の字に組み立てていく足場のことです。

 

単管だけのため、はしごのようにかろうじて足を乗せられるようなものであり安全面は低いです。単管足場は本来隣の家の境界線までが狭く枠組み足場をつくれない場合に採用さるレスキューのようなもののため、通常この足場が採用されることはあまりありません。

 

単管ブラケット足場

単管にブラケットをとりつけ、その上に足場板を設置している足場のことです。

 

30cmほどの板がある分単管足場よりはマシですが注意して歩かないと転落の恐れはあります。業者によって足場代は、高いと単価1,000円、安いと400~500円の差があることもあります。500円以下の場合単管足場などの危険性の高い足場を採用していることが多いようです。

 

平屋の足場にかかる費用は?

 

足場を組むのに必要な費用はおおよそ800円/平方メートルが相場のようです。

 

2階建てだと15万~20万ほどかかるようで、どんなに安くても10万くらいはかかります。工事全体の費用の約20%を足場代が占めるというのが一般的のようです。

 

そう考えると、やはり足場代を節約したいなと思ってしまいますよね。足場を完全になしにするのは難しいですが、他の方法はあるのでしょうか。

 

平屋の足場に気になるQ&A

 

DIY!自分で足場を組むのっていい?

いくら費用を抑えたい、業者に頼むのが手間といってもDIYはあまりオススメできません

 

費用は確かに抑えられるでしょうが、デメリットの方が明らかに大きいです。まず身の危険が伴いますし、怪我をしなかったとしても自宅を傷つけてしまったり別の箇所を破壊する恐れもあります。足場費用は抑えられたけど、修理の費用や怪我の治療費がかかったのでは元も子もありませんよね。

 

足場を組んでくれる塗装業者を選ぶ

実は、塗装やリフォーム業者が自分で足場を組むことはほとんどなく、足場専門の業者に依頼をしているケースが多いのです。

 

その場合、足場業者に依頼した分の委託料も上乗せされています。そのため、自社で足場を組む外壁塗装業者を調べて依頼した方が委託料の節約になります。

 

屋根と外壁を同工事で行う

上記で紹介した通り、外壁も屋根も足場は必要になってきます。

 

当たり前ですが別々にやるとその都度足場を組まなければいけませんので足場代も2倍になります。屋根と一緒に外壁も塗装してもらうと、屋根の作業分だけ足場を高く作らなければなりませんが、全く別日に屋根と外壁をするよりは節約出来ます。

 

気になる方はこちらの記事も!

▶▶安く出素敵な家を建てる方法!

平屋に足場を使わない場合、襲ってくる危険性は?

業者さんの身の危険がある

まず第一に、足場がなければ業者さんが危険です。

 

もしはしごなどで作業をした場合、下がコンクリートなら滑ってしまう可能性もありま すし、土なら作業中に雨が降りぬかるんで固定できない場合もあります。

 

飛散防止シートが張れず周辺への飛散の可能性

足場を組まないということは、飛散防止用のシートを貼れないということになります

 

特に塗装では吹きつけ型のものもあり、周囲に飛散したら防げません。

 

作業日程がかかる=費用がかかる

足場を組まない場合、業者さんも自分の身の安全に注意して作業しなければいけません

 

ということは100%の力で塗装作業が出来ないということです。また、はしごなどを使った場合は安全を確保するため下を固定する作業員も余計に必要になってきます。そうなると作業日程も人数も余計に増えて費用がかさむということもありえます。

 

結論!平屋塗装に足場は組んだほうがいい!

 

結論としては平屋であっても外壁、屋根塗装ともに足場は組んだ方が良いです。

 

安全性も確保した上で、費用を抑えるとするならば屋根と外壁を一緒にお願いしたり、自社で足場を組む業者を選ぶなどの方法が確実のようです。

まとめ

いかがだったでしょうか。

 

足場は工事が終われば目には見えなくなる仮設のもの。出来ればお金をかけたくないというのが本音だと思います。

 

全くゼロにすることは難しいですが、やり方によっては費用を抑えることは出来ます。せっかく建てた我が家を労わる意味でも、費用は抑えつつ賢くメンテナンスをしてあげてくださいね。

 

素敵な平屋をローコストで実現する方法

【新築】平屋を安く建てる方法5!超ローコストで素敵な家を建てよう!
平屋を安く建てる方法、コツを紹介します。 家を建てるといえば2階建てが主流ですが、子育てのしやすさや老後のことを考え、今若い世帯でも平屋を建てたいという方が増えてきています。 しかし悩みどころは価格。 ...

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
DIY 費用

↓応援ポチお願いします!

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 平屋住宅へ

フォローする
平屋チャンネル
タイトルとURLをコピーしました